ボヘミアン・ラプソディとクイーンの音楽


映画「ボヘミアン・ラプソディ」

観てきました~!

 

 

多くの人が絶賛しているように

 

 

この映画は

クイーンの名曲がたっぷり楽しめる上に

 

 

フレディ・マーキュリーという

人物のもつ悩みや葛藤、偏見、差別

などを描いたヒューマンストーリーにも

なっています。

 

 

単なる音楽映画でなく、

ヒューマンドラマという側面もあるからこその

感動であり、人気なのかなと思いました(*^^*)

 

 

低迷していたクイーンが会場の皆を虜にした

あの伝説のライブエイドに焦点を当てたのは

うまい演出でしたね~!!

 

 

実は、わたしが高校生の時に初めて買ったレコードは

クイーンの「オペラ座の夜」でした。

 

 

ボヘミアン・ラプソディが入ったLPです(^_-)-☆

 

 

わたしは歌詞も覚えていて

一緒に歌えてしまうくらい大好きな曲ですが、

 

 

2002年にはギネスブックの

ギネス・ワールド・レコーズ社が

 

 

「英国史上20世紀最高のシングル曲は?」

というアンケートの結果、

 

 

ビートルズも抑えて一位になったのは

「ボヘミアン・ラプソディ」だったんですよ~(^O^)/

 

 

この曲は、3つのパートで構成されていますが、

 

 

もともとは3つ別々のものを

くっつけたとも言われています。

 

 

全くスタイルの違う曲を

くっつけてしまうなんて

 

 

その発想だけでもすごいですね!!

 

 

ゆっくりしたバラード調ではじまり、

真ん中はテンポも速くて盛り上がり、

最後は、再びゆっくりした曲調になるのは

 

 

クイーンの曲には良くあるのですが、

 

 

ピアノを習っていたフレディは

ソナタ形式になぞらえて作っていたのかな

という気もします(*^^*)

 

 

そもそも、クラシック畑のわたしが

クイーンの曲をいいなと思ったのは

 

 

きれいなメロディーとコーラスに

クラシックにはない重いリズムが加わるから。

 

 

ロジャーのドラムは低くチューニングしているし

ジョンのベースも効いているから

そういう感じがするのでしょうね~。

 

 

その上、七色の声といわれる

フレディ・マーキュリーの

なんともいえない声の魔力に

魅せられてしまうんです(^_-)-☆

 

 

最近気づいたのですが、

好きなことを語り始めると止まりません💦

 

 

ということで、今日はこのくらいに

しておきますが

 

 

クイーンの音楽を知らない方は

ぜひ一度聞いてみてくださいね~

 

 

時代を超えて生き残っている

現代の名曲です →こちらへ

 

 

    ブログランキング・にほんブログ村へ


 お名前      
 メール      

読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

応援ありがとうございます!

カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ