春のお彼岸に思う


昨日から春のお彼岸に入りました。

 

 

お彼岸といえば、

お墓参りにいったり、

先祖や故人に思いをはせる時。

 

 

そこで、思い出したことがあります。

 

 

ある時、親類から突然電話があり、

伯父さんが亡くなったとのこと。

 

 

驚きましたが、

高齢で持病もあったので

安らかに成仏してほしいと思いました。

 

 

電話を受けた父は兄弟なので

お葬式に行って、最後のお別れを

したいといったのですが、

 

 

家族葬で内輪だけですませるから

とお葬式の詳細を教えてもらえず、がっかり(><)

 

 

亡くなった後は、魂が自由に

こちらに来られるから

 

 

きっとお別れに来てくれてるよ

と慰めましたが、

 

 

いくらひっそりやりたいとはいえ、

兄弟がお別れしたいというのを

拒絶するのは、人としてあんまりだと

憤慨しました。

 

 

こうしたい、という自分の気持ちも

大切でしょうが、

 

 

兄弟にとって、最後のお別れという

人生のたった一度の瞬間を奪うとは

ひどいと思ったのです。

 

 

これは、他人に言うことであって、

身内に言うのは酷だと涙が出ました。

 

 

わたしも小さいころから

自分かわいがってもらったので

伯父にお礼を言いたかったのですが

 

 

兄弟である父はなおさらでしょう。

 

 

感じ方、考え方は人それぞれ

といいますが、

 

 

こういう時こそ、

相手を思いやる気持ちを

持てる人になりたいものです。

 

「生きるのが楽になる」と好評です(^^)

今日からはじめる幸せ習慣


    ブログランキング・にほんブログ村へ



読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ