医師との主体的な付き合い方


ここ数日、

両親の通院に付き添って

気づいたことがあります。

 

 

昔は、医師が患者より

偉くて、言うことは

素直に聞くものと

されていましたね。

 

 

両親は、まさにその世代。

 

 

父なんて、先生の前で

いい恰好して、どこも

悪くないと言うだけ💦

 

 

わたしも若い頃は

お医者さんの言うことを

聞くだけの受け身でした。

 

 

でも、ここ数年は、

困っていることや

悪いところを細かく伝えて

 

 

自分がどうしたいのか

(それでも仕事をする、とか

できれば旅行に行きたいとか)

を相談しています。

 

 

要は、専門家としての

医師の意見を聞く感じ。

 

 

自分のことは、素人とはいえ

毎日見ている自分が

一番よくわかっています。

 

 

だから、医師には

いつからどんな症状があって

それがどう変化しているのかを

伝えないと

 

 

先生も判断のしようがありませんね。

 

 

長年患者をやっていると

いろいろと知恵がついてきます💦

 

 

これからの時代は

患者であっても、

自分が主体になって

 

 

お医者さんに診てもらう

といいですね~。

 

 

    ブログランキング・にほんブログ村へ


 お名前      
 メール      

本が出ました!
幸せになるエッセンスが
たっぷり詰まっています。


今日からはじめる幸せ習慣
読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ