「できる」脳になる秘訣


先日、脳についての
オンラインセミナーを受けました。

 

 

 

 

知らないことだらけで、
とっても面白かったのですが、

 

 

その中で「できる脳」になる
やり方を教えていただいたので
シェアしたいと思います。

 

脳の思考回路

 

わたしたちが考えるときには

電気が脳内ニューロンを流れるそうです。

 

 

そのとき、「できない」に

スイッチが入っていると

 

 

「できない」回路にしか電気が流れないので

ずっと「できない」思考が続きますが、

 

 

何かのきっかけで「できる」回路に

スイッチが入ると、

 

 

「できる」思考に変わるんですね~!

 

 

だから、「できない」が口癖の人は

いつも「できない」と言い、

それが現実になっているけれど

 

 

「できる」が口癖の人は

「できる」と考えているから

それが現実になる訳です。

 

 

「できる」回路にスイッチを入れるには

 

どうせなら、「できる」回路に

スイッチを入れたいところですが

 

 

そのためには、どうすればいいのでしょうか?

 

 

そこで教えていただいたのは

「アハ体験」でした。

 

 

これは、ドイツの心理学者

カール・ビューラーが提唱したもので、

 

 

なにかを見たり聞いたりしたときに

「なるほど~」「わかった」と

思う体験のこと。

 

 

ちなみに、「アハ」というのは、

英語で相槌を打つときに

"A-ha"と言いますが、そのことです(^^)

 

 

「なるほど」「わかった」と

思う体験を、何度も繰り返すことで

 

 

脳の「できる」回路がつながりやすくなるんです!

 

 

脳の回路は、使うものはどんどん

太くなって強化されるそうですから

 

 

いつも「できる」回路になっていれば

 

 

なにかを考えると、「できる」と

思えるようになるんですね~!

 

 

よく、小さな成功体験を積み重ねる

といいと言いますが、

 

 

その裏に、こういう脳の仕組みが

あったとは!!

 

 

わたしたちも、「アハ体験」を

どんどん増やして、

 

 

「できる」脳になっていきましょう(^O^)/

 

 

「生きるのが楽になる」と好評です(^^)

今日からはじめる幸せ習慣


    ブログランキング・にほんブログ村へ



読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ