ノーベル賞を受賞した本庶佑さんの言葉


がん細胞を攻撃する免疫細胞に

ブレーキをかけるタンパク質

「PD-1」を発見したことで

 

 

京都大学の本庶佑特別教授が

ノーベル医学生理学賞を受賞しました。

 

 

日本人として、とても嬉しいことですね!

 

 

受賞後に本庶さんがいろいろと

インタビューされているのを聞きましたが、

 

 

その中で印象に残ったのが

 

 

「常識を疑うこと、

教科書に書いてあることを信じないこと、

何でも簡単に信じないこと」

 

 

つまり、自分の目で確かめ、

自分の頭で考えることが大切という訳です。

 

 

言われたことをやっていれば

良しとされてきたこの日本で

 

 

これこそ、求められていることだと思いました。

 

 

幸トレでも、まず始めに言うのが

常識を疑おう、ですから(*^^*)

 

 

そして、本庶さんの研究は

ネイチャー、サイエンスなどの有名科学誌に

載ったものではないそうです。

 

 

それを聞いて、びっくりしたのですが、

 

 

本庶さんは受賞後初の講演で、

「そういう雑誌に載らないから

だめだと思うのは間違い」と言い、

 

 

外部からの評価にこだわらないことの

大切さを訴えたそうです。

 

 

本当にすばらしいと感動しました!!

 

 

自分軸をしっかり持っているからこその

言葉ですね~(^_-)-☆

 

 

ノーベル賞のお陰で、

大切なことを教えていただきました。

 

 

これが、多くの人の心に

届くことを願っています^^

 

 

 

 お名前      
 メール      

読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

応援ありがとうございます!




ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ