客観的に見る


病気のことを考えるときは
感情が入ってしまいますね。

 

 

わたしも持病があるので
それはすごくよくわかるのですが、

 

 

大切なことであるからこそ
客観的に見ることが必要だと思っています。

 

 

病状には個人差があり、
個人の体質も違うし、
その時の状態にもよるので

 

 

一概に良い悪いは言えません。

 

 

だからこそ、専門のお医者様が
一人一人の患者さんに応じた治療を
行なっているのです。

 

 

でも、世間では
「ステロイドは良くないから
使うのはやめよう」という風潮があります。

 

 

確かに、副作用が強いし、
そもそも薬自体を使わなくてすむのであれば
それにこしたことはありません。

 

 

でも、薬を使わないと
病状が悪化することもあるし、

 

 

ステロイドが嫌だといっても
それなしでは命にかかわることもあります。

 

 

だから、薬=悪い
ステロイド=悪い、と
イメージだけで決めつけず、

 

 

そのときの病人の状態に応じて
必要ならば、適切に使うのが
一番いいと思っています。

 

 

わたしのように、長期間
ステロイドを内服せざるをえない人は

 

 

手術や感染など
強い負荷がかかったときに

 

 

自分では副腎皮質ホルモン(=ステロイド)
が出せなくなっているので、

 

 

外から補ってあげないと
大変なことになります。

 

 

一概に、ステロイドは悪いから
使わない、では済まされない訳です。

 

 

これは一例ですが、
イメージに惑わされないことが大切!

 

 

今はそれが当てはまるのか、
自分には合っているのかなど

 

 

個々の状態に応じて
客観的に判断してくださいね。

 

 

自分だけで判断できないときは
信頼できる専門家に相談することを
お勧めします(*^^*)

 

 

 お名前      
 メール      

読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

応援ありがとうございます!




ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ