年を取ったらやりたい放題!


こんな詩をご存知ですか?

 

 

年をとったら、似合わない紫の服を来て

ちぐはぐな赤い帽子
をかぶりたい。

 

 

年金で買うのは
ブランデーと夏用の手袋、サテンのサンダル。

 

 

そして、バターを買うお金がないと言うの。

 

 

疲れたら歩道に座り込み、
お店では試食を食べ歩き、

アラームのスイッチを押すわ。

 

 

よその庭の花を勝手につんで、
道につばを吐いてやる!

 

 

こんな調子で、行儀など無視して
やりたい放題する!
というイギリスの詩です。

 

 

いいな~と
その潔さに喝采を送りたくなりますね(^_-)-☆

 

 

西洋の女性は

日本よりもずっと自由なイメージがあったのですが、

 

 

この詩を知ってからは

 

 

わたしたちと同じように

世間体を気にするなどの

心のブロックがあるのだな~と

 

 

親近感がわきました(*^^*)

 

 

この詩が好きなのは

わたしだけでなく、

 

 

イギリスでは戦後最も人気のある詩に

選ばれています(*^^)v

 

 

これが書かれたのは1961年なので

今では状況も変わっていますが、

 

 

それでも、まだまだ

世間体を気にする人が多いですよね~。

 

 

生きるのが窮屈になったら、

ぜひ、この詩を思い出してみてください(^_-)-☆

 

 

    ブログランキング・にほんブログ村へ


 お名前      
 メール      

読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

応援ありがとうございます!




ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ