障害者は親が作る


ダウン症の天才書家といわれる

金澤翔子さんがテレビで

取り上げられていました。

 

 

彼女がイベントに出たときに

ダウン症の赤ちゃんを連れた両親が

会いにきたシーンがあったのですが、

 

 

不安でいっぱいの赤ちゃんのお母さんに

 

 

翔子さんのお母さんは

「障碍者は親が作るんです」と

仰っていたのが印象的でした。

 

 

障害に限らず、誰でも

どういう風に扱われるかで

どんな人になるかが決まります。

 

 

ミュージカル「マイフェアレディ」でも

 

 

『レディと花売り娘の違いは

どう振る舞うかではなく、

どう扱われるかにあるのです』

 

 

という有名な台詞があります。

 

 

周りがどう扱うかが

大きな影響があるということですね。

 

 

障害があっても親が普通に育てて、

その子の才能をのばせば

 

 

金澤祥子さんのように

ありのままの自分で生きられるけれど、

 

 

健常者でも、親が

「だめだ」と言い続ければ

 

 

本人もだめだと思い込んで

本当にそうなってしまうんです。

 

 

「あげまん」や「褒め活」は

その逆ですね(^_-)-☆

 

 

ということは、どんな人に対しても

敬意をもって接することが大切!!

 

 

とても大切なことを

教えてもらった一日でした。

 

 

 

読めばあなたも今日から幸せ!  今日からはじめる幸せ習慣


    ブログランキング・にほんブログ村へ


 お名前      
 メール      

読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ