普通でないコンプレックス


わたしは中学のときに

難病のSLEと診断されて以来、

 

 

自分は普通ではない

と感じてきました。

 

 

直射日光に当たれないし、

運動は止められているし、

薬が欠かせないし、

すぐに体調が悪くなるし…

 

 

若いころは

普通でないことが

かなりの劣等感

だったのです💦

 

 

中でも、毎日

日傘をさして学校に通うのが

一番嫌でしたね~。

 

 

その頃は、お年寄りしか

日傘をさしていなかったのに、

 

 

中学生、高校生が制服で

日傘をさす訳ですから、

 

 

当然、好奇の目もありました。

 

 

年をとるにつれて

だんだん図々しくなり、

 

 

これが自分なんだから

仕方がないと開き直るような

気持ちになっています(#^^#)

そうしたら、昨日、

こんな記事をみつけました。

江原啓之「私もあなたと同じで普通ではない…それは個性」

持病を持つリスナーの素朴な疑問に答える

 

 

すてきなアドバイスですね(^_-)-☆

 

 

全く同じ人なんていないから

 

 

きっと、誰でも、なにかしら

「普通と違う」ことがある筈。

 

 

でも、皆と同じがいいとされる日本では

 

 

人と違うことは

コンプレックスになるんです(^-^;

 

 

皆が、心から「普通じゃなくていい」と

思える日がくることを願っています。

 

「生きるのが楽になる」と好評です(^^)

今日からはじめる幸せ習慣


    ブログランキング・にほんブログ村へ



読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ