難病でも幸せになれる


「~になったら幸せになれる」

 

 

そう思ったことはありませんか?

 

 

お金持ちになったら、
好きな彼と結婚できたら
やりたい仕事ができたら…

 

 

なにかの条件を満たしたら
幸せになれるという発想ですね~(汗)

 

 

でも、実のところ
幸せになるのに条件はいりません!

 

 

わたしは長年、このことを
身をもって感じています。

 

 

13歳で「SLE」という難病と診断されてから、

 

 

わたしの心の奥底には、ずっと
「普通の子とは違う」という思いがありました。

 

 

客観的に見ると「不幸」と
思う人が多いでしょうし、

 

 

悲劇のヒロインになった方が
同情して優しくしてもらえるから
楽だったかもしれません。

 

 

でも、不思議なことに、わたしは
「どうしてわたしだけこんな目に」とか
「わたしは不幸だ」と思わなかったんです。

 

 

それはひとえに、母のお陰でした。

 

 

治らない難病と診断された後、
母はわたしに

 

 

「病気と一緒に生きていこうね」
と言ってくれたのです。

 

 

この一言で「病気があるのが当たり前」
という気持ちがす~っと入ったのだと思います。

 

 

楽観的な性格も手伝って、
子どもだったから、あれこれ考えず、
素直に受け取ったのでしょう。

 

 

そのお陰で、悲観することも
落ち込むこともなく、

 

 

やりたいことは何でもやりました。

 

 

直射日光に当たれないなど
病気のために制限は沢山あったけれど、

 

 

自分のできる範囲で
やりたいことは何でもやってきました。

 

 

毎年決まったように入院していたのに、
高校、大学と好きな学校に行き、

 

 

ビートルズやクイーンの曲で英語を覚えたり、
本を読んだり、パッチワークを作ったり、
月に何度もオペラやミュージカルを観に行ったり、
毎年のように海外旅行に行ったり…

 

 

親しい友人以外は、わたしが病気だとは
知らなかったと思います(*^^*)

 

 

当時は、自己啓発のことは知らなかったものの、

 

 

わたしの気持ちは不自由な面や出来ないことでなく、
好きなことに向いていました。

 

 

だから、傍目にはハンディと思えることが多くても
わたしはと幸せ! とごく自然に思えるのですね~。

 

 

これは自由にやらせてくれた

両親のお陰、と心から感謝しています。

 

 

あなたも、今すぐ幸せになれますよ~!

 

 

あなたがどんな状況にいても、
好きなことに目を向ければOK(^_-)-☆

 

 

幸せを感じるかどうかは
どこに目を向けるか、なんです。

 

 

同じリンゴを見ても
上から見たのと、横から見たのとでは
形が違いますし、

 

 

赤いとか、つやつやしているとか
目を向けるところによって
見え方が違いますよね~。

 

 

幸せか不幸か、もそんなものです(^^)

 

 

そうはいっても、
「でも、わたしには無理」
「家族がいるからできない」
「周りの目が気になってできない」

 

 

という心の声が聞こえてくるかもしれません。

 

 

やりたいことを阻む心のブロックは
誰にでもあるものですから、

 

 

ブロックがあると気づいたら、取れば大丈夫(*^^)v

 

 

わたしが提唱している「幸トレ」でも

 

 

あなたの邪魔をする心のブロックを外しつつ、

 

 

意識を向ける方向を変えて
幸せ体質になっていきます。

 

 

この記事を読んで、
「わたしも幸せに条件をつけてた!」
と気づいてしまったあなた、

 

 

「幸せになりたいけど
やり方がわからない」

 

 

「本音で生きたい」というあなたは、

 

 

一度幸トレを体験してみてください!

 

 

幸せ体質になるヒントが
きっと見つかります(^_-)-☆
  ↓   ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ


 お名前      
 メール      

読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

応援ありがとうございます!

カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ