奇跡の脳


「奇跡の脳」って

聞いたことがありますか?

 

 

ハーバード大学で

脳神経科学の専門家として

活躍していた著者のジルさんが

 

 

37歳の若さで脳卒中になり、

 

 

そのときの体験と

回復の様子を書いた本です。

 

 

 

奇跡の脳

 

 

ジルさんの場合、左脳が損傷を受け、

その結果、いま盛んに言われている

 

 

ワンネスや非人間論を体感し、

右脳が愛と至福の世界を見せてくれたそうです。

 

 

脳卒中というと、患者さんは

何もわからないのかと

勝手に思っていましたが、

 

 

そんな体験をするとは、びっくり!!

 

 

それと共に、左脳の大切さも

わかりました(*^^*)

 

 

右脳と左脳がバランス良く

使えるのが一番なのですね~

 

 

わたし自身の考え方は

ジルさんが右脳の領域として

書いていることと、シンクロしていて

 

 

自分がかなり右脳よりなのだと

改めてわかったのも、良かったです。

 

 

脳はとても複雑だとは

聞いていましたが、

 

 

本当に奇跡のように

精密に働いてくれているのです。

 

 

当たり前に思っているけれど

脳が普通に動いてくれていることに

感謝、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

読む人によって、

いろいろな気づきがある本だと

思います。

 

 

ぜひ、一度読んでみてくださいね。

 

 

「生きるのが楽になる」と好評です(^^)

今日からはじめる幸せ習慣


    ブログランキング・にほんブログ村へ



読むだけで幸せ体質に!!

友だち追加

カテゴリー
プロフィール

開運幸せトレーナー 亜侑(あゆ)
詳しいプロフィール

ブックマーク
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ブロトピ